癌の治療方法には大きく分けると3つの方法があります

一般的に行われている癌の治療方法には様々なものがありますが、大きく分けると外科的療法、化学療法、放射線治療の3つに分けられます。

これらは三大療法と呼ばれ、それぞれに特徴があり、メリットやデメリットがあります。

代官山の歯科情報サイトについて考えます。

今日はこの三大療法について、簡単にご説明をさせて頂きます。



まず、外科的療法についてです。


外科的療法とは癌の原発巣と転移巣を含め、ひと塊として切除をする方法になります。

神戸市の歯医者に関しての情報を紹介しているサイトです。

一般的には手術療法と呼ばれ、根治には欠かせない方法になっています。
外科的療法は血液を除いたほとんどの癌に対して行われ、癌細胞が原発部分にのみとどまっており、転移などが見られない場合に最も有効な選択肢といえます。
メリットとしては直接手術によって悪性腫瘍を取り除く為、症状が改善されることが他の治療方法に比べると高いということがあげられます。

デメリットとしては腫瘍部分を切除することにより、生体機能が弱まったり、体力の無い方ですと手術自体を受けることが出来ないこともあるということがあげられます。次に化学療法です。

化学療法とは、抗がん剤などをはじめとする化学物質を用いて、体内にある癌細胞の分裂を抑え、破壊する治療方法になります。メリットとしては体の隅々にまで薬剤を行き渡らせる為、全身のどこに癌細胞があったとしてもそれを攻撃し、増殖を防ぐことが出来るというメリットがあります。

デメリットとしては抗がん剤には癌細胞と正常な細胞をしっかりと見分ける働きが無く、それ故、癌細胞だけでなく正常な細胞も損傷させてしまうということがあげられます。

最後に放射線治療です。

銀座のホワイトニングの評判の情報を確認できるサイトです。

放射線治療とはX線などの放射線を照射すると、癌細胞は分裂が出来なくなるという作用を利用した治療方法になります。
メリットとしては治療中に痛みや苦痛を伴わないということや、手術不可能な部位にある悪性腫瘍に対しても治療することが出来るという点があげられます。

東京の歯医者に関する疑問を解消してください。

デメリットとしては、化学療法と同じく、正常な細胞も放射線によって損傷を受けてしまうという点があげられます。

ですが近年、正常な細胞部分には極力放射線を当てず、腫瘍部分にのみ照射することが出来るガンマナイフという最新鋭の機器が登場し、このデメリットは解消されつつあります。

http://www.iwakuni-nh.go.jp/medical/plastic.html
http://www.tmd.ac.jp/grad/mfc/mfc-J.htm
http://www.tokyo-da.org/