癌治療の様子を間近で見ました

私の友人が二年前に癌の手術をしました。
有名な大学病院で癌の手術をしたのですがやく十日で退院しました。
周りはみんな驚きました。

今の手術は凄いな、開腹手術でこんな短期間で退院できるとはの噂が広まりました。

銀座のホワイトニングに関するアドバイスです。

冗談ですが友人もちょっとした有名人です。

医者からは癌の進行状態はステージニと三の間放っておくと死に至るが、手術をすれば長生きできると言われたそうです。

癌手術の内容は胃の3分の2の切除だったそうです。


退院の時今後の癌治療の方法を主治医から説明され、生活については他の癌患者さんと一緒に管理栄養士から食事について講義があったそうです。
がん治療選びであなたの手助けをします。

有名な青山の矯正歯科の情報を確認できるサイトです。

友人の治療は抗がん剤TS1と言う経口の薬を一年間続けるのが中心になると説明されたといっていました。

東京の歯周病に関する有益な情報が満載です。

抗がん剤の服用は時間が経つほど辛くなるそうです。

最初一ヶ月後から髪が抜け始め、吐き気、胸焼け、いくら癌治療とはいえ本当に死んだ方がましだ。

と思うそうです。

一時間位そういう状態がつづくそうです。


聞いていて私も苦しくなってくるようです。

出会う度に治療の辛さを聞かされるのですこし避けるような態度をしたところ気付いたのか私の家まで訪ねてきて、自分がどんな治療を受けているのか本屋で癌治療の本ばかり購入したり立ち読みしているが、わからない所が多い。君はインターネットができると聞いているので自分が知りたいことを調べて欲しいと頼まれました。いろいろしらべました。

胃がんはもちろん、肺、腸、すい臓の疾患のことです。
半年ほどして抗がん剤の服用が半分になり、再発の可能性もほぼなくなったと診断されたのでお祝に一緒に食事にいきました。

胃が小さくなっているのでそんなに量は食べられなくなっているのはわかっていましたが、食事中ダンピング症候群と言う状態になり30分ほど動けなくなりました。

本人はこんなことは度々起こる、今日よりひどい時も度々だと苦笑いしていました。


病気の恐ろしさをまざまざと見せつけられた思いです。
幸い二年経過しても再発の兆候は全くないとの診断が最近あったようです。

胃潰瘍の胃カメラに関する情報満載です。

一日も早い全快を祈っています。


渋谷の審美歯科に関する情報を紹介するサイトです。

http://wakiga.nioi.me/step2/
http://www.osaka-dent.ac.jp/ip/
https://www.youtube.com/watch?v=1EHYsmlimbA